ロックシンガー 伊津美 昴 IZUMI SUBARU 公式サイト

アーティスト名を掲げるということはウルトラマンや仮面ライダー になるのと同じであるから。69paradice 吉祥寺GBの決戦前 夜。

2014年11月19日 伊津美主義 BLOG
FullSizeRender_11.jpg IMG_1674.JPG

伊津美昴とは何者なのか。

最近、その意味を知るためにもストリートへ歌いに出掛けている気がする。

知っている方がいるか分からないが、僕は本名はそれとは違う。

自分とは別の人間という感覚があるのかもしれない
25歳のとき、改名した。
変身願望があったのかもしれない。
仮面ライダーやウルトラマンのように。

..

僕の中身は本当にどうしようもない

基本ネガティヴ、細かい、神経質、飽き性、当たり散らす。

..

10代の頃。
歌が凄ければ、ギターがうまければ
人格がどうであろうと良いと思っていた。
海外のロックバンドが暴れようがカッコよきゃアリ。みたいな感覚だった。

数年たって、僕はまわりをすごく気にした。

流行っている音楽、流行っているファッション、人が集まる理由なんかも。
それらを知れば知るほど、ここ最近の文化は同調圧力が強い。
いや、強すぎる。

「共感しやすいもの」「応援したくなるもの」
スキルや経験よりもそれらを重視した方が人は集まる。

僕はそれらを気にした。
ここ2年間くらい。

「伊津美は変わった」そう言われた
いろいろ考えすぎた。
毎日毎分毎秒、考えすぎた。

..

伊津美昴 IZUMI SUBARU
は違った。

振り向かない強さを持っていた。
人の悲しみや毒も放っていた。
そして突き抜ける歌声を持っていた。

..

いま、路上ストリートで歌い、人が寄ってきてくれる。面白がってくれる。

そして、この一ヶ月でバンドメンバーに出会えた。過去最高のスキルを持って理解してくれるメンバーに。

バンドサウンドの中に包まれると、すべてが浄化した。

路上ストリート弾き語り
クラブでDJバックに歌う
さまざまな音楽スタイルをこれからやっていくつもり。

だけどロックンロールバンドは
やっぱりギアが一速あがる。

だんだん伊津美昴に近づいてきた。

..

明日11/20吉祥寺GB
伊津美昴 IZUMI SUBARUのジャパニーズロックンロール
やったるぜ。