樋高 龍也 引退のお知らせ

2011年11月23日 NEWS

未成年、ベーシスト樋高龍也です。
自分は2011年10月28日未成年決起五周年記念ワンマンをもちましてバンドを脱退し、すべての音楽活動を引退いたしました。

突然の発表になったこと、大変申し訳なく思っております。
ツアーが終わるまで公表しない様にバンド側にお願いをしホームページ上での後日発表という形をとらせていただきました。

発表したばかりのアルバムや楽曲のコンセプトを失速させたくない。
ライブに別れを持ち込みたくない。そういう理由でした。

いつからか自分には生活や家族のことで問題もあり、音楽に対して距離をとった向き合い方になり
メンバーには何度も相談にのってもらいましたが、自分自身変わる事が出来ず
最終的に音楽を辞めたいという意志を伝えました。

自分は今後、鹿児島に戻り新たな人生を歩んで行こうと思います。

今は一方的な報告しか出来ず言葉足らずで申し訳ありません。

全ての人へ

これまで本当にありがとうございました。

最後に

2010年の~TOUR FINAL ONEMAN LIVE “masurawo”で伊津美さんが語った

「もしもこのメンバーでなくなった時は、解散するわ」

この言葉は紛れもなく真実でしょう。
だけど出来る事なら『未成年』を続けて欲しいし、名乗り続けて欲しいと思います。

元メンバーとして友人として

同志としての願いです。



樋高 龍也