【DVD】 未成年 LAST ONEMAN “Peterpan Syndrome TOUR”

未成年ラストワンマンDVD

【DVD】 未成年 LAST ONEMAN "Peterpan Syndrome TOUR" (未成年ラストワンマンDVD)

販売価格(税込)
¥3,000
在庫状態 : 在庫有り
数量

アーティスト名: 未成年 (みせいねん)
タイトル: 未成年 LAST ONEMAN “Peterpan Syndrome TOUR”


ラストワンマンライブ全15曲、全国ツアー、レコーディングドキュメントも収録した究極のDVD。
「未成年、これにて完結。」

2011年、2nd ALBUM Peterpan Syndrome リリース後
北海道から鹿児島まで渾身の全国45か所のライブツアーの千秋楽、東京 吉祥寺PLANET-Kでワンマンライブを成功させた日本詩ロックバンド、未成年。
コアなファンはもちろん、音楽関係者、同業者にも熱心な信者をもつ熱き彼らだったが、ライブ直後に活動休止
2013年11月に解散を発表。そのワンマンライブが事実上ラストライブとなってしまった。

それから月日がたち、メンバーはそれぞれソロ活動へ。
あるとき沢山のライブ映像やドキュメント映像が入ったマスターテープを発見。ヴォーカル伊津美 自らが映像編集の技術を自力で習得し、制作に着手したという。

「時間が経ってしまったけれど、糸が切れたようにあのとき解散ライブもできなかったことの悔しさ悲しさ歯がゆさが、どうしても脳裏から離れない。それらの禊(みそぎ)としてこの映像を完成させたい。」

という気持ちからだったというが、実際はかなり厳しい状況だったという。

「この先の人生を進むためとかなんとか言って、作りたい反面
正直、いろいろあって解散した自分のバンドの映像なんて見たくないですよ。とくに映像制作で何日、何時間も向き合うわけだから、嫌な記憶も思い出すし。
病気にもなっちゃって悪化しそうで。映像見るたび、パソコンに向かうたび、何度もやめようと思った。」

でもなぜ制作をしたか?と問えば
「歌が生きていた」
という。

「”瞬きが勿体ないほどの青春ってやつが胸にあるなら年取ることそんなに悪くないぜ” とか ”明日はすてない” とか
自分たちが歌ってきたことや歌詞に、今はじめて勇気づけられた。こんなこと歌っていたんやな、と。夢中で歌っているうちは全然気づかなかった」

実際、ライブの熱量はとてつもない気迫で、オフの本人たちからは想像もできない熱を放っていた。
それもそのはず、バンに機材を詰め込んでの自力自走の全国横断は ”言うは易し、行うは難し”
気合いと同等以上のライブクオリティがなければ達成はできるはずがない。

ステージに立つ個性ある4人、オーソドックスな日本語のロックをキャッチなメロディで、楽も棘や毒さえも赤裸々にあわせもつロッカーがこの00年代にいただろうか
この映像録に映るのは、20代後半の社会と対峙した、けれども”子どもではいられない世代”特有の勢いや焦り不安を掻き鳴らす、不安定な姿
“これぞロックバンドの姿”が収められている。

音質、映像ともに熱気のあるライブを完全にパッケージングされており
とてもセルフプロデュ―スで仕上げたとは思えない完成度でラストまで迫りくる。

120分に及ぶ映像を仕上げ、伊津美本人からのコメントがある

「最後に。これだけのライブツアーをワンマンライブをやらしてもらえたのは
ギタリスト頼田陵介、ベーシスト樋高龍也、ドラマー金真範というメンバーがいたからこそ、成しえた。
このメンバーが揃ったことが今思えば、奇跡に思う。
そしていつも会場に駆けつけてくれた熱き同志がいたから成しえた。
理解してくれたスタッフ、関係者、同業者がいたからこそ成しえた。
僕には未成年があり、孤独ではなかった。
だからまた新しい歌を作り羽ばたき、人と出会い、人生を楽しみたい。
これから先のその一歩を背中押してくれる”あの熱い未成年の歌声”とすべてに感謝して
この熱のある映像を誰かに届けたい。」

完全受注生産&シリアルナンバー付、ウェブショップ限定販売。
4人の男たちの散りゆく最後の有志のメッセージを、とくとご覧あれ!


-DISK-
01: Peterpan Syndrome Girl
02: いのちの砂時計
03: ジレンマ発、栄光行き
04: day by day
05: TEENAGE
06: 未だ見ぬ君に誓うオルゴール
07: 拝啓Loser..
08: Southern Cross
00:レコーディングドキュメント

00:全国ツアードキュメント
09: peterpan syndrome girl
10: 「ゴメンね..ハルちゃん」
11: HOME SWEET HOME
12: Lonely Rollong Days
13: タイムマシーンに乗って
14: 幸せであれ
15: 君に伝えられること


[発売日] 2014.05.05
[制作/発売] OFFICE TEENAGE
[流通/販売] OFFICE TEENAGE